2015/10/17

ピルツを乾かすためだけのデイキャンプ (青根キャンプ場)

南乗鞍キャンプ場から帰ってきた翌日、
青根キャンプ場でピルツをドライ。


家から1時間くらいで来られるキャンプ場。
前に1回デイキャンプで来たことがある。

ピルツの中には南乗鞍から連れてきた虫が数匹。


シュラフもドライ。

昨日とはうって変わっていい天気だ。
少し天井のベンチレーターのところがまだ湿っていたが、
概ねよく乾いたと思う。

本当に乾かすためだけに来たので、
食事も何もせず、そのまま撤収して帰宅。
これはデイキャンプと呼べるのか。

今度は泊まりで来たい。

ありがとうさようなら、
青根キャンプ場。

帰りにWILD-1でスノーピークの炭床Mとペグハンマーを買った。

炭床は、焚き火台に平らな部分が欲しくて。
いろんなブログを参考に、焚き火台がLサイズなのに対してMサイズにしてみた。

ペグハンマーは、二人で同時に使うために。

次はいつ行けるかな。
そろそろ、富士山に会いたい。
 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  

忘却しゃぶしゃぶ (南乗鞍キャンプ場 #3)

ただいま。




今回、焚き火台と七輪は置いてきた。
無印良品のキャンプ場に置いてある焚き火台が、結構好きだ。



今回も、焚き火で焼き芋を作った。
灰にしてしまわないように気を付けながら。



夕食は、しゃぶしゃぶ。


まずは野菜をぐつぐつ。


そして肉を投入だ。



牛と豚。
体があったまる。
キャンプでしゃぶしゃぶ、これはいい。毎回BBQする必要はない。

おいしさに感動していると、土鍋の中で大きな蛾が溺れていた。
僕は箸でつまみ上げ、救出してあげた。

我々は数秒間の記憶を消去し、食事を続けた。


うどんで〆。


お腹いっぱい。ごちそうさま。

夕食後、焚き火を囲んでハーブティーを飲みながら焼き芋を食べた。
今回も上手にできた。

夜になっても思っていたほど寒くはないが、残念ながら夜中から雨が降るらしい。
雨に濡れる前に、夜のうちにいろいろしまっておいた。
ムササビもたたんでしまった。
濡れると厄介そうだから。

0時頃から強い雨が降り出した。
雨がピルツを叩く音で、何度も目を覚ました。
明け方になって、わりと深い眠りにつくことができた。

朝。ピルツの中でコーヒーを飲み、うどんを食べた。
外は靄で包まれていた。


まだ霧雨が降っていたが、たぶんマイナスイオンがいっぱいなのだろう、
とても気持ちのよい空気だった。

びしょびしょのままピルツをたたみ、
ゴミ袋に突っ込んだ。
干さなくちゃなあ。

今回初めてキャンプ場のイベントに参加してみたが、
なかなか楽しかった。
たまにはいいかもしれない。

ありがとうさようなら、
南乗鞍キャンプ場。

次は晴れてほしい。



帰りは我が故郷、松本で温泉に入り、実家に立ち寄ってから帰宅した。
 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  

ドッペルゲンガーの火遊び (南乗鞍キャンプ場 #2)

長い昼寝から目覚めた。

今回からコールマンのインフレーターピローを導入したのだが、これが大正解。
横になった瞬間、これはいい! と思った。
やっぱり寝るときは枕が必要なのだ、家の中でも、外でも。

寝心地が良すぎて寝すぎてしまった。

キャンプ場の中に露天風呂があるが、
遅い時間になるとかなり混み合うらしく、
我々は夕方4時頃に行った。

さすがにそんなに早くから風呂に入る人はほとんどいないようで、
男湯には親子と思われる二人組がいただけで、がらがら。

親子水入らずの時間を邪魔しているような気分になり、すぐに出た。

同時に、妻も女湯から出てきた。
ドライヤーがなくて、髪が洗えなかったみたい。

外では、南乗鞍火遊びの会というイベントがやっていた。



焚き火台や薪ストーブの展示。





薪くべ放題。





焚き火台を買い換えるつもりはないが、
薪ストーブはちょっと気になる。
















これだけ薪ストーブやら焚き火台があると、周囲はとっても暖かい。

焚き火を見つめていると焚き火欲が満たされていくのを感じ、
もう自分のサイトに戻って焚き火しなくてもいいか、なんて気もした。

スタッフのお兄さんがコーヒー豆を薪ストーブの上で煎っていて、
その煎りたてのコーヒーを頂いた。

このお兄さんに、我々は強い既視感を覚えた。
絶対どこかで会ったことがある。
でもどこでかは分からない。もやもや。
ただ単にそっくりさんなのか。



暗くなってきた。
火遊びの会は5時までのはずなのに、
5時を過ぎても終わらない。
お兄さんはよりおいしいコーヒーを淹れようと、また焙煎している。
お客さんは我々だけ。
薪は燃え続けている。



空も真っ赤に燃えていた。





今回のキャンプ、この火遊びの会と真っ赤な夕焼けがいちばん印象に残っている。

さて、サイトに戻って夕食だ。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  

2015/10/15

記念日キャンプ (南乗鞍キャンプ場 #1)

今年の結婚記念日は、外で過ごすことにした。

まだ外は真っ暗。
夜逃げみたいな感じで車に荷物を積み込み、
午前5時過ぎに出発。

行き先は、無印良品南乗鞍キャンプ場。
初めてのキャンプ場。
そして今まででいちばん遠いキャンプ場。

朝食は談合坂SAにて。



カーナビの目的地に設定していた場所がずれていたみたいで、
気がつけばのどかな村の中。
家と家の間の細い道を、村人にじろじろ見られながら突き進んだ。

お邪魔してます。
なんとなく申し訳ない気持ちで頭を下げながら突き進んだその先には、なんと立入禁止の柵。

この柵の向こうに南乗鞍キャンプ場があるのだとカーナビは言っているが、
信用してはならない。
我々は柵の手前でUターンし、さっき出会った村人の視線に怯えながら来た道を引き返した。



道の駅なんかに立ち寄ったりしつつ、
10時半頃、到着。



到着は午後になるんじゃないかと思っていたが、
思いのほか早く着いた。
アーリーチェックインさせていただこう。



C36。






曇っているからだろうか、
期待していたほどの眺望ではないが、
空が開けていて、開放感と程よいプライベート感があるサイトだ。


クーラーボックスが落下。

まずはムササビウイングから設営だ。
前回、ムササビが意外と場所を取るということを失念しており、
ピルツの位置から決めてしまって、
狭い範囲で無理矢理ペグを打ち、
なんとも不細工なムササビになってしまった。

今回はのびのびとムササビを張ることができた。


やっぱりポールは240cmと120cmがいい感じ。

今回、ムササビの自在を付け替えた。


もとから付いていたものがどうも使いづらかったけど、これで使いやすくなった。

ピルツもさささっと設営。


午後に着くと思っていたので、昼食の準備はしていなかった。
センターハウスで買ったカップラーメンを食べて、ピルツの中で長い昼寝。
 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ