2015/09/20

こもちとおのこ (カンパーニャ嬬恋キャンプ場 #1)

今年の夏は公私ともにバタバタしており、
4ヶ月もの間、キャンプに行かなかった。

そのせいで、様々な悲劇が立て続けに我が身に襲いかかった。

もうこんな生活には耐えられない。
シルバーウィークにキャンプに行くしかない。

そう思い立ったのがシルバーウィークの2週間前。
連休だからフリーサイトはとても混むだろうと思い、
区画サイトで行き慣れたキャンプ場、
カンパーニャ嬬恋キャンプ場に行くことに決めた。

ウェブサイトを見てみると、ほとんどのサイトはもう予約で埋まっていたが、5サイトだけ空きがあった。
よかった。
キャンプに行ける。
我々はC1サイトを予約した。

前日の夜のうちに、荷物を積み込んだ。
買ったばかりの新居の壁を激しくえぐりながら。

9月19日午前4時46分。



出発。

カンパーニャには2回行ったが、2回とも関越道の藤岡JCTで上信越道に入り、
碓氷軽井沢ICで下り、鬼押ハイウェーという有料道路を通るルートだったが、
この有料道路で何回も現金で料金を支払うのが煩わしく思い、
今回は藤岡JCTでそのまま関越道を突き進み、渋川伊香保ICで下り、
あとはひたすら下道というルートで行くことにした。

6時半、上里SAで朝ラー。



渋川伊香保ICを下りた後、
カーナビに言われるがままに走っていると、だんだん目の前の道が細くなっていく。



大丈夫か。合っているのか。
そして気がつけば森の中。



だんだん恐怖を覚えてきた我々は、時々カーナビに逆らいながらより安全な道を選んで走った。
我々の勝手な行動に腹を立てたカーナビは元の道に引き返そうと必死だったが、
しばらくしてやっとカーナビと我々の意見が合致、
お互いが納得できるルートに落ち着くことができた。

突如、頭上にこんな看板が現れた。



こもち。
なんだろう、地名かな? 人名かな?
なかなかキュートな名前の道の駅だ。

そう感心している我々の頭上にまたしても現れた看板。



おのこ。
こもちの次はおのこ!
こちらもこもちに負けず劣らずキュートなネーミング。
これは油断ならない。

いったいどんな道の駅なのかな。

なんてことは考えず、どちらも素通りして我々はキャンプ場を目指した。





立ち込めるキャベツの匂い。

特に渋滞はしていなかったが、キャンプ場に着いたときはもう9時半だった。
下道が長いから仕方ない。



前回同様、アーリーチェックインをした我々は、
今回のサイト、C1へ向かった。



前回は草原サイトだったが、今回は林間サイト。
林間だけど、割と空が開けていて、日も当たるようだ。

早速ピルツとムササビを設営。
ムササビの場所を何度も変更し、時間がかかってしまった。
ハスラーの停車位置も車止めのある場所ではなく、奥の方へ移動。



さて、昼食にしよう。



昼食は簡単にパスタとスープで済ませた。
その後、ピルツの中で昼寝をした。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  

2 件のコメント:

  1. aotchさん、こんにちは。Instaでいつも拝見させて頂いてますが、こちらにコメントは初かもしれません。こちらでもよろしくお願いします。

    久々のキャンプ良いですねー。自分も少し間が空いているので羨ましいです。早く充電したいです。
    嬬恋は碓氷軽井沢から行くと料金所大変ですよね。何も分からないままナビに従って行くとETCの使えない料金所の繰り返しで疲れた記憶あります。

    南乗鞍も楽しんできてください。自分も今週末群馬の方に行く予定はありますが天気予報が微妙で。。。雨降らないといいんですけど。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。ブログまでお越しいただきありがとうございます。
      料金所の繰り返し、分かっていただけて嬉しいです。あれかなり面倒ですよね。
      Instagramで拝見しましたが、天気いいみたいですね。よかったです。楽しんできてください。

      削除