2015/05/24

Snow Peak Eatに行ってきた

ゴールデンウィーク最終日、
我々は今年3月に昭島にできたアウトドアヴィレッジに行ってきた。
そのとき、スノーピークがやってるレストラン、Snow Peak Eatで昼食を食べようと思ったのだが、
ランチタイムは既に締め切られていた。
食べたかったのに。

そのことを今日ふと思い出し、インターネットで調べたところ
ディナータイムは電話予約ができるということなので、18時で予約をした。
これでばっちりだ。

夕方、出発。
いきなり我々の行く手を阻むものが。


……。
行かせてください。

予約の時間よりも少し早くアウトドアヴィレッジに着いた。




30分くらい時間があるので、お店を見て回った。




家族連れが多かった。
子供達がみんな楽しそう。

スノーピークの大きなタープが張ってあった。



タープの中にはローチェアがずらり。
あと、使用済みの焚き火台。


さて、そろそろ時間である。


おっとこちらは出口専用。


お邪魔します。

予約済みであることを伝えると、
奥の方の席に案内された。

席につき、まず目に飛び込んできたもの。


スノーピークのカタログである。
もちろん、持っております。



ピークピクルス。
浸かり具合のピークを食べるイメージ……!?

我々は悩みに悩んだ挙げ句、
店員さんに何を食べればいいのか、
我々は何を食べたいのか相談しながら注文、
料理が運ばれてくるのを待った。

一品目。


生ハムとアボカドの生春巻きである。
ぎゅっとしっかり巻いてあった。

二品目。


骨付きソーセージ。
店員さんに勧められて。

三品目。


手ごねハンバーグだ。
彩りが綺麗。

四品目。


帆立と新玉葱のペペロンチーノ。
これの取り皿として渡されたものがなんと。


シェラカップである。

何も不思議なことはない、
当然シェラカップで取り分けるでしょう、
といった感じで渡されたシェラカップ。

なるほど。
ここに食べに来るような人達はシェラカップがなんなのかなんて当然知っていて、
いちいち店員さんがシェラカップについて説明を加えるのは野暮だということだろう。

これは面白い。
レストランでこれを使って食べている我々自身がまた面白い。

そしてよく見ると、
水を注いでくれた店員さんが持っているものも、スノーピークのケトルだ。

面白いなあ。
至るところにスノーピークの製品が使われているのだろう。






レジ前には、今にも着火を待ち望んでいるかのような薪。そして焚き火台。
ここで焚き火なんかしたら大惨事だ。

ごちそうさまでした。

外に出ると、ライトアップされた壁が立ちはだかっていた。


1時間ほどで家に着いた。

家を出るとき、ハスラーの前で気持ちよさそうに昼寝をしている猫を起こしてしまったが、
夜、その親族と思われる野良猫達がいたので少し戯れ、
猫パンチを食らってから帰宅した。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  

6 件のコメント:

  1. 初めまして!
    Masayaと申します♪

    ブログランキングから
    飛んできました(´∀`)ノ

    ハスラー良いですねーっ!

    コンパクトなのに荷物は
    結構、積めますし(ノ∀`)

    スノーピークの製品は
    やはり、見た目だけでも
    すごく高級感がありますね。

    独特の雰囲気があります!

    また、お邪魔させて頂きます♪






    返信削除
    返信
    1. はじめまして!
      低迷中のランキングからありがとうございます!
      スノーピークの製品は見た目も質もいいもの多いですよね。
      ちょっと高いけど。我々も好きです。

      削除
  2. 去年からキャンプ始めた素人キャンパーです

    梅雨時期はキャンプいけないですよね
    更新楽しみにしてます!

    返信削除
    返信
    1. はじめまして。コメントありがとうございます!
      残念ながら夏が終わるまでキャンプには行けそうにないです……。

      削除
  3. お久しぶりです。
    以前コメントさせて頂いたコウです。

    しばらく更新止まってるなと思ったら、春になっていっきにアップされてる(^○^)
    我が家にも春にオレンジ×白のハスラーが来ましたよ。
    そして今週末いよいよファミキャンデビューです。
    既に興奮と不安でいっぱいですが・・・
    子供たちが喜んでくれるかなぁ(・.・;)

    返信削除
    返信
    1. お久しぶりです。
      またしばらく更新が止まっております。なかなかキャンプに行けなくて。
      ファミキャンデビューおめでとうございます!
      きっとお子様達も喜んでくれたことでしょう。
      キャンプにはうまく説明できない魅力がたくさんつまっていますよね。

      削除